専門性志向

転職・キャリアメンターコーポレートTOP > キャリア戦略の立て方 > 専門性志向

専門性志向

  • 専門的な理解度が高く即戦力として採用できる。
  • 専門的な知識を活かして新規事業創出の可能性が高い。
  • ポテンシャル人材の育成施策に参画できる。
  • 市場性が低く賃金の高騰化。
  • スペシャリストとしての経験が長く、マネジメント職には研修の必要の場合がある。
  • 研究機関などの人材は、コミュニケーション力に難あり

採用パターン

採 用 の 目 的 採 用 後 の 状況
新規プロジェクト管理者を養成し、事業規模の拡大を推進 プロジェクト管理者の元、教育を受け管理者が増えたことにより事業の拡大が図れました。また、新たな事業領域に挑むことができました。
システム系エンジニアでインフラ構築・開発〜維持管理経験者で事業拡大 多種に渡る解析手法を用いて、システムの客先への提案力が強化され受注増加が図れました。
業者として工法のラインナップを充実 新しい工法での受注ができるようになり、更に構造解析を行い安全・安心な建設物を提供する。

次のページへ

人材に関するご相談はこちらから
03-5809-1870

人材紹介サービス

求職者と1次面接レベルでの面談を実施、スキル・人物面の掌握

詳細はこちらから

人材採用業務代行サービス

採用業務プロセスのアウトソーシングでコストと業務量の軽減化

詳細はこちらから

人材育成・研修サービス

レベルや段階に合わせたキャリア研修と育成支援で組織力アップ

詳細はこちらから
良くあるご質問