同一職種での転職

転職・キャリアメンター個人TOP > キャリア戦略の立て方 > 同一職種での転職

同一職種での転職


  • 期間を多く経験することで仕事の知識が深まりエキスパートのステージにスキルアップできる。
  • 担当職種を極めることができて資格取得のチャンスと取得により高い評価を得られる。またマネジメント職は更なる上のポジションが狙え、自己の居場所を安定的に確保しやすくなる。
  • 努力次第で年収とポジションが得られる。自分次第では新たな人間関係の構築がしやすくなり自分で働きやすい職場環境の構築が容易となる。
  • 単純に給料アップの理由を選択した場合は、入社後求められるスキルがキャパオーバーになるケースがある。
  • 例として同じ職種であっても会社によって求めている仕事の幅や量、質が異なるケースがある。
  • 規模や業界によっても多少仕事の内容が異なるケースがある。事前に転職業界の担当する職種の仕事内容の情報収集や業務知識をある程度勉強してないと評価が下がる場合がある。

転職パターン

転 職 目 的 転 職 後 の 状況
営業職:
お客様と向き合ったプランニング営業がしたく転職
前職は飛び込みの住宅営業でしたが、住宅展示場でお客様と向き合って事情に合わせたプランニングができ意欲的に仕事しているので成績が向上した。
技術系職:
海外の仕事が経験したくて転職
海外経験がなかったが、2年間国内でシステムを覚えた後、インドネシアに赴任。現地でODAの仕事が経験でき、年収もアップ。入札も勉強中。
人事職:
採用業務がしたく転職
社会保険や給与計算を担当していたが、人事採用に興味があり、人と毎日接する採用の醍醐味がとても刺激的。採用人材が結果をだす嬉しさを実感。
法務職:
企業法務や危機管理がしたくて
転職
危機管理経営・人材危機管理・事業危機管理などあらゆる危機管理とリスクヘッジ業務が学べ、スキルアップしている自分が分かり目標が出来た。
施工管理職:
S造だけでなくRC・SRCも
経験したくて転職
全国出張はあるがマンションを含むRC造・SRCの仕事を覚えている最中で仕事の幅が広がった。新築だけでなく耐震から修繕も経験できている。

転職成功事例はこちら

転職エントリーはこちらから
03-5809-1870

他社との違い

転職・キャリア メンターでしか出会えない情報が豊富にご覧頂けます。

詳細はこちらから

メンターからの5つの提言

転職キャリア メンターが考える転職を成功に導くための5つのポイントをご紹介します。

詳細はこちらから

転職成功事例

実際に転職を成功された方の【生の声】を分かり易くご紹介しています。

詳細はこちらから
良くあるご質問